注意しておきたい事

敏感肌の人が化粧をする場合にはアレルギーや肌が被れるといったことが起きないようにするためにファンデーションやコスメグッズに使われている成分に注意が必要になってきます。特にファンデーションの場合には配合成分だけでなくタイプ別のファンデーションの特徴を把握しておいて肌トラブルやアレルギーが起きないようにすることが重要になってきます。まず気をつけておくべき成分にはオキシ塩化ビスマスや合成ポリマーや合成界面活性剤、タール系色と合成香料があります。オキシ塩化ビスマスと合成ポリマーが使われているファンデーションの特徴には肌ツヤが良く見えるということがありますが、アレルギーやかゆみだけでなく毛穴トラブルも発生することがあります。合成界面活性剤は強いものですと肌のタンパク質を溶かし、このことでバリア機能が低下して肌細胞が傷ついてしまい、これは少量でも残ってしまうと起こることです。最後にタール系色素と合成香料のふたつですがこれらの原料は石油で、アレルギーの発症だけでなく発がん性物質でもあるので使用はしないことが一番です。

ファンデーションにはリキッドファンデーションやパウダーファンデーションやクリームファンデーション、そしてBBクリームやミネラルファンデーションがあります。綺麗に魅せるためには自分の欲しい効果を持っているものを使うことが一番ですが、毛穴に残ったことでトラブルが起きてしまった、乾燥がひどくなってしまったということが起きますのでそうならないようにするために情報を集めてどのファンデーションを使うか決めることです。

Copyright © 2015 悩まず綺麗になる|敏感肌人のための化粧品やファンデーションの種類 All Rights Reserved. Design by www.alltemplateneeds.com